アロマディフューザーを使ってアロマを満喫しよう♪

車用のアロマディフューザーってあるの?|アロマディフューザーの魅力

アロマディフューザーの魅力 > アロマディフューザーの選び方 > 車用を選ぶ

車用のアロマディフューザーってあるの?

アロマディフューザーには車用もあることをご存じでしょうか?

普通は部屋で使うイメージのアロマディフューザーですが、車でも使えるものかあるのです。

部屋で使うアロマディフューザーは電気やキャンドルで、香りを拡散させます。
しかし、車では電気やキャンドルは使えませんね。


そこで車用のアロマディフューザーは、シガーソケットに差し込み使うようにできているのです。

パッドに染み込ませた精油を、熱で温めて香りを拡散させるのです。


車用のアロマディフューザーを使うと、いくつかメリットがあります。

まず1つめは、芳香剤が苦手な人も自然に香るアロマであれば、
さりげなく車の臭いを消し、芳香を楽しめるということです。

車の芳香剤が苦手な人は意外と多いものです。そういった人でも楽しめるのです。


2つめは、車を使用しないときは、香りも止めることができるということです。

車の芳香剤であれば、一度開封してしまうと、匂いが切れるまでずっと香ったままで、
車を使用しないときがもったいないですよね。

それが、車用のアロマディフューザーであれば、使わないときは香りませんし、
精油も少しずつしか使わないのでもったいないということはないのです。


3つめは、香りを変えることができるということです。

パッドに精油を染み込ませるのですが、精油をいくつかブレンドすることもできますし、
パッドを変えれば全く違う香りの精油を使用することもできます。

シガーソケット不要のタイプも

ところで、シガーソケットに差し込まなくても使用できるものがあります。

それは素焼きの『アロマプレート』と呼ばれるものです。

素焼きのプレートに精油を落として使うものですが、
電気も火も使わず自然に香りを拡散させてくれます。


部屋で使うことを想定されていますが、精油の量を少なくすれば、車で使うのにもピッタリです。

アロマプレートが1つあれば、部屋でも車でも簡単にアロマが楽しめてしまうのです。
(ただし、香りの感じ方は電気を使ったアロマディフューザーより穏やかになります。)

ぜひ車でもアロマを楽しんでくださいね!




powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional