アロマディフューザーを使ってアロマを満喫しよう♪

FrontPage

アロマディフューザーの魅力

雑貨屋さんなんかに行くと、アロマディフューザーってよく置いてありますが、
アロマディフューザーってどうやって使うの?って思ったことのある方、
けっこう多いのではないでしょうか?

アロマディフューザーとはアロマテラピーを手軽に楽しむための1つのツールです。


エッセンシャルオイルと呼ばれるハーブや花などの自然の香りを
濃縮させたオイルを部屋に漂わせるための道具です。

アロマディフューザーにはいくつかの種類があります。
使用方法と特徴を紹介しましょう。

アロマディフューザーの種類

1つめは、お皿にエッセンシャルオイルを数滴垂らし、
お皿の下からろうそくの炎でオイルを温めて香りを拡散させるものです。

アロマテラピーとしてだけではなく、ろうそくの揺らめく炎を眺めることによる
リラックス効果も期待されるでしょう。

また、浴室で使えるというメリットもあります。
しかし、火を使うので注意が必要です。


2つめは、1つめのアロマディフューザーと同様、お皿にオイルを垂らし、
下から温めるのですが、温めに使用するものはろうそくではなく電球を使います。

ろうそく程高い温度で温めるのではないため、オイルの成分が壊れにくいことが特徴です。
またディフューザーをコンセントに差し込むだけでいいという手軽さも魅力です。


3つめは、素焼きの石に直接オイルを垂らすというものです。
もっとも手軽で安全と言えるでしょう。

火気や電気を使わないので、眠るときにも使用することができます。
ただし、他のディフューザーよりオイルをたくさん使用します。


4つめのアロマディフューザーとは、水に入れて超音波によってミスト状にし、
香りを拡散させるものです。

アロマディフューザーの中では、一番よく目にするかもしれません。
熱で温めないので、オイルそのものの自然な香りを楽しむことができ、
加湿効果もあるということで人気があります。

使用しやすいので、初めてのアロマディフューザーにももってこいですね。



簡単にアロマを楽しめる、アロマディフューザーがどんなものか
お分かりいただけたでしょうか?

ぜひ気軽にお試しくださいませ!!



powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional